エクスプローラーズクラブの冒険

エクスプローラーズクラブでの冒険について、当事者たちが綴るブログです。

始動した回収班

『APOLLO29』は勢いよく上空へと舞いたった。

若干の風に流されながらもドンドン上空へ。2m50cmの風船がみるみる間に小さくなっていく。時間にして一分くらいだろうか、雨が止んだとはいえ雲は低空に位置し、その雲の中に、手品のようにAPOLLO29は消えていった。

このとき、若干の嬉しさと大きな期待、不安を皆が抱えた。

もう我々はAPOLLO29をコントロールすることはできない。APOLLO29に委ねるしかない。祈るような気持ちだった。我々は2つのグループに別れていた。一つは打ち上げ班、もう一つは回収班である。予定飛行時間は2〜3時間。

上空ではジェット気流で流される。極秘シュミレーターにより回収地点は、数十キロ離れた場所になることが想定された。回収班は予め回収地点に移動をしておかないと降りきたAPOLLO29をキャッチできない。そのため、回収班は先発隊として既に回収予想地点へ向け出発をしていた。

打ち上げ班と回収班のやり取りは、Facebookメッセンジャーを使ってリアルタイムで行われていた。APOLLO29が打ち上げられた事実は、すぐさま回収班に伝えられた。回収班は位置情報解析装置(無線電波を受信するためのアンテナとPCだけだが)で、位置の特定にあたった。

解析結果によると、数箇所の位置情報が打ち上げ班に返されてきた。

???

先ず一箇所目。ほぼ打ち上げ場所。打ち上げた場所から半径50m以内で、詳細をたどると打ち上げポイント横の建物を指している。ということは、打ち上げ後すぐに風船は破裂し落ちてきたのか?それとも打ち上げ時のデータが残っているだけなのか?

ちなみに無線のシステムは、一分間に数回(回数は忘れた)にわけて、定期的に通信する設定になっている。その通信電波には発信位置情報が含まれているので、その情報から居場所を特定するという仕組みである。

我々は打ち上げ後、POLLO29の行方を目視で確認をしている。近くに落ちたとは考えにくい。しかし、その可能性もゼロではない。「屋根に落ちたのか??」と解析ポイントや周辺をくまなく探しまくった。いくら探してもない。こんなに早く落下したのなら、落ちた時の衝撃音や何か手がかりがあるはずだが、何も見当たらなかった。

見つからない=ちゃんと飛行している

という期待感と焦燥感を、行き来していた。

---
(前回)4時、打ち上げ <-> (次回)モロコシ畑でつかまえて

edit by @explore03862063