エクスプローラーズクラブの冒険

エクスプローラーズクラブでの冒険について、当事者たちが綴るブログです。

未来から時間を流す

未来から時間を流す。クラブに入会して、ずっと考えていた言葉だ。 人生を変えようと思ってエクスプローラーズクラブに入会した。ただ、その答えは見えずにいた。そんな状況を打破したくて、人生は妄想から始まると思い、休みを利用してほとんど人とも会わず…

さよなら、カタリーナ海峡

2018年4月28日夜。酪農家は緊張していた。 カタリーナチーム6名と、ヨット部メンバーによるミーティングが行われた。議題は「5月7日に迫ったカタリーナ海峡決行について」だ。サポート艇に関しては「一艇確保できるかもしれない」という情報があった。 決め…

津軽海峡冬景色

ドーバー2陣の解散後に思いついた『オーシャンズ・セブン』というヨット部のプロジェクト。 企画で盛り上がっているだけじゃ絶対にダメだ。すぐにやらないといけない。実際に見せないとみんなすぐに冷める。「日本国内でアクセスも楽だろう」という理由でそ…

泣いて肉をくらった21歳

目の前に広がる爽やかな空と淡い海。 ふたつの「あお」は、互いにぶつかり合うでもなく、ただ目の前で穏やかな時間を過ごしているのだ。崖の上から海を眺める21歳の若者は、その景色とは裏腹にまったく穏やかではなかった。 カタリーナ海峡。世界7大海峡の…

異国での船さがし

2016年4月、ジブラルタル海峡縦断プロジェクトが発表され、そこに10名が手を挙げた。 経営者、OL、産婦人科医、モデル、モデルの夫、雇われ社長、フリーター、レースクイーンなど、職業は様々。東京、埼玉、愛知、静岡、福岡、佐賀と住んでるところも、年齢…

こはる日和

短かった髪を大切に美しく伸ばし始めた。 気づけば2年。 ショートヘアはロングヘアーになった。 クローゼットをあけると白いドレスが顔を見せる。 丁寧にメイクアップをし、にこりと鏡にほほえむところから一日がはじまる。 デビュタント。 わたしは日本では…

プロってなんだよ

プロってなんだよ。 たまに思う。たまに、というか、よく思う。ぼくは18歳くらいの頃「仕事どうしようかな」とさんざん考えた時期がある。そこで導いた結論は笑える。「貴乃花(当時は貴花田という名前だった)とか、いいよなぁ」と。 なんて失礼な話なんだ…

渡米前のこと

Monte-Carlo号は夢の島マリーナを出港した。 ティラーを操作していたのは、ツガルだった。ティラーとは車のハンドルみたいなもので、ツガルがヨットを操作していた。 「トシ、ヨット気持ちええやろ?」ツガルはそう語りかけてきた。 実はツガルとは、このイ…

モロコシ畑でつかまえて

そして、捜索ポイントふたつめ。 打ち上げポイントから500メートルほど離れた場所である。打ち上げ後、すぐに落ちたとは考えづらかったが、500メートル離れた地点なら考えられなくもない。 しかし、そのポイントは身の丈以上の草むらの中心地だ。とうもろこ…

始動した回収班

『APOLLO29』は勢いよく上空へと舞いたった。 若干の風に流されながらもドンドン上空へ。2m50cmの風船がみるみる間に小さくなっていく。時間にして一分くらいだろうか、雨が止んだとはいえ雲は低空に位置し、その雲の中に、手品のようにAPOLLO29は消えていっ…

4時、打ち上げ

深夜2時頃だっただろうか。周辺は真っ暗な中、道路に設置されている電光掲示板だけが光っていた。 数時間のドライブ後、打ち上げ予定地点に我々はそこにいた。そこには警報が表示されている。たしか大雨防風警報だったように記憶している。一般的に考えると…

捨てた名前

「ミヤマエさん、ヨットは初めてですか?」 『Monte-Carlo』号に乗り込んだ俺に部長は声をかけてきた。 ミヤマエさん。今は違う名前で生きている俺にとっては、懐かしい名前だ。TOSHI TONICという現在の名前で生きるようにした話は、またいずれ語ろうと思う…

ガソリン満タン10万円、ガソリン満タン1億円

カワムラは京都から新幹線に乗った。 このチームメンバーは日本全国に点在している。風船ロケットを打ち上げる場所は北海道と決まり、東京で集合してみんなで北海道に向かうことにした。普通なら移動手段は飛行機と車を乗り継いでと思われるだろうが、これま…

風呂敷につつんだ風船

首をかしげながら数々の問題をクリアし、風船ロケットは完成した。 カメラやデジタルフォトフレームなど極寒で耐えられる仕様の電子機器と無線機。草むらの中など目視で見付けられないときのためのアラーム、降下時に開くパラシュート、予備バッテリーなど、…

首が傾いている男

カワムラはいそがしい。打ち上げの日が近づくも、まだまだやらなければならない作業が山盛りだったのだ。 「航空法に抵触しないこと」「管制局への申請と承認を得ること」 航空法に抵触しないとは、電波の問題である。飛行機に乗ったときに機内モードにする…

筋肉は裏切らない

トシとぼくの出会いについて書いておこう。 ぼくはエクスプローラーズクラブのなかでは、多くの人と会うほうだ。理由は簡単で「酒豪だから」。毎日どこかの酒場にいると、誰か彼かがやってくる。 トシとは、品川で会った。 ちょうど先週、モナコに移住したご…

理由

「重い」 その刹那、世界がゆっくりと傾く。そういえば、バイクで事故ったときもこんなんだったっけな。一秒という時間が、熱された飴のように引き伸ばされる、そんな感じ。ガラガラ。バシャン。奇妙なほどの静寂に包まれたハワイ沖に、タクマが船長となった…

俺、ハリウッド俳優。

カタリーナ海峡。アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスからカタリナ島までの約50kmの海峡。真っ青な空に陽気な気候。ふだんは、カルフォニアの雰囲気と同様に爽やかで明るい海の表情を見せるが、その下には、サメが徘徊する危険な海でもある。映画『ジ…

名門美術学校の教師

変態と呼ばれていた「ロケットをつくるおとこ」とツガルは、不思議に縁がある。 セルビア王室主催の『24 hours of Elegance』というガラ(パーティーのことだ)に出席したとき、彼とツガルは同室だった。どこかの国のサッカー少年団が大挙宿泊していた。最初…

海に出るまえにすでに寒い

アマカワは震えていた。 2月上旬、真冬の芦屋のヨットハーバー。ヨットの艤装中だ。ハーバーにはヨットが、すぐに乗れる形で置いてあるわけではない。帆を張り、ロープ類を付けて、通して、と、一つ一つの部品を取り付けていかねばならない。それを艤装とい…

女神降臨

パシャパシャパシャ! 2015年2月22日、何回目かの『人生を愉しむシンポジウム』でカメラマンを担当していた彼女は、ステージに立ってスポットライトを浴びている赤いジャケットの8人の女性たちを夢中で撮っていた。 この女性たちは、2月3日に沖縄・慶良間諸…

ロケットをつくるおとこ

前回(宇宙からのプロポーズ2/2) プロジェクト成功にむけたチームが結成された。 名乗りをあげたクルーは20数名。航空法などクリアするための法律関係、気象を調べ実行する時期や場所を特定、機体の設計・制作、GPSなどの通信関係、それらをまとめるプロジ…

目次:このブログにお越しいただいた皆さまへ

このブログにお越しいただき、ありがとうございます。 こちらのブログは、エクスプローラーズクラブで冒険をした人間(@explore03862063 ほか)の記録用です。時系列を意識せずに書いているので、ゆっくりとご回遊いただけると幸いです。そのうち、時系列の…

宇宙からのプロポーズ2/2(続くことになりました)

宇宙からのプロポーズ1/2の続きです。2/2で終わらなくなりました。 --- エクスプローラーズクラブで大切にしている言葉はたくさんあるが、そのひとつに「冒険」がある。 われわれは「人生の冒険家」として生きている。ボスからの司令は「世界初の試みをせよ…

どう走ったっていいんだよ

その日はひどく暑かった。 タクマが東京に来てはじめて迎える夏。照りつけるような太陽に灼かれる人々を横目に、こみ上げる高揚を抑えながら、葉山マリーナへと駆けつけた。 はじめて。 そう、人生ではじめて。タクマは今日ヨットに乗るのである。 視界に葉…

ジブセールとの出会い

アマカワと出会ったのは晩秋の名古屋。 その日、エクスプローラーズクラブの集まりがあり、そこに来ていたかれと二次会で話をした。所在なさげにしていたアマカワに話しかけたのは、ぼくのほうだったと思う。熱気に溢れる会場のなかで、なにせ存在感がなくて…

続・オーシャンズセブンのはじまり

もう一度、ドーバーを渡るという選択肢はなかった。 「じゃ、泳いでわたる?」「なんでだよ。でも昔、テレビでやってたよね」 すぐにウッチャンナンチャンを検索した。ヨットに乗っていると「オレもお前もない」ということがわかるようになる。言葉にしなく…

オーシャンズセブンのはじまり

このプロジェクトが始まったのは葉山だ。 ドーバー海峡を2艇で渡ったあと、エクスプローラーズクラブのヨット部は次のプロジェクトをさがしていた。当初「ドーバー2陣」という計画があり、ぼくはそのリーダーとして手を挙げた。何人かがジョインしてくれたが…

クック海峡の洗濯機直前

クック海峡はニュージーランドの北島と南島との間に位置する。 このチームは当初、3人だった。天候の関係で、そのうちのひとりの到着を待たずして、結果的にはふたりで渡ることになる。彼らが挑んだ南半球の海峡は、オーシャンズの7つの海のなかでもっとも…

エクスプローラーズクラブとは

この一連のテキストは、エクスプローラーズクラブという場所で出会った仲間の冒険を綴っている。ここで「エクスプローラーズクラブとはなにか」ということについて、触れておきたい。 公式サイトをご覧いただければと思うが、エクスプローラーズクラブとは:…